カオスエンジニアリング 回復力のあるシステムの実践

エンジニアに向けカオスエンジニアリングの概要と行動原則を解説!

このような方におすすめ

システム、アプリケーションの運用管理者、開発者、アーキテクト
  • 著者Casey Rosenthal、Nora Jones 著/堀 明子、松浦 隼人 訳
  • 定価3,740 (本体3,400 円+税)
  • B5変 316頁 2022/06発行
  • ISBN978-4-87311-988-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

カオスエンジニアリングとは、本番稼働中のサービスにあえて擬似的な障害を起こすことで、実際の障害にも耐えられるようにする取り組みです。マイクロサービスや分散技術に移行するにつれて、システムの複雑さが増していますが、カオスエンジニアリングによって脆弱性を発見し、顧客に影響を与える前に停止を防ぐことができます。本書は、エンジニアに向け、ビジネス目標を達成するために最適化を行いながら複雑なシステムを運用する方法を示します。