Home
 

Home > 理工学専門書 > 機械 > 設計力が身につくSOLIDWORKS基礎講座

設計力が身につくSOLIDWORKS基礎講座

・著者:木村 昇978-4-274-50560-7
・定価:3,456 円(本体3,200 円+税)
・B5 320頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

設計の基礎も、SOLIDWORKSの操作も学びたい! そんな方におすすめの一冊。

 

 現在、3次元CADは多くの企業で利用され、その利用分野も広範囲になっています。また、大学・専門学校・高校などの教育機関でも基礎教育から実践教育までさまざま実施されるようになってきています。

 本書は、日本をはじめ世界中で数多くの企業・教育機関で利用されている3次元CAD「SOLIDWORKS(ソリッドワークス)」について、これから機械設計をはじめる方、3次元CADの操作を知りたい方を対象とした入門書です。企業や教育機関などの講師をする著者が培ったノウハウを元に、3次元モデリングでのポイントや実際のものづくりを考慮した使い方を、初心者にもわかりやすく伝わるように解説しています。

 SOLIDWORKSの基本操作の説明からはじまり、部品のモデリング、アセンブリのモデリングなどを全体のイメージ把握や手順に沿った操作ができるように記述しています。また、操作の説明では、より理解が深まるように、注意点や一緒に覚えて欲しい項目をポイントやコラムとして併記しています。

 本書の内容を元に機械設計の概略、SOLIDWORKSのモデリング操作を身につけて、実際のものづくりに役立てていただければ幸いです。

2016/10
★このような方におすすめ
3次元CADソフト初心者 機械設計初級者(1〜3年目) など
主要目次
Chapter. 1 CADによる設計で必要な知識
Chapter. 2 SOLIDWORKSの基本操作
Chapter. 3 部品のモデリング
Chapter. 4 アセンブリのモデリング
Chapter. 5 サブアセンブリを利用したモデリング
Chapter. 6 加工を考慮したモデリング
ページトップへ戻る
詳細目次
Chapter. 1 CADによる設計で必要な知識
  1.1 3次元CADとものづくりの流れ
  1.2 3次元CAD利用に必要な知識・技術
  1.3 3次元CADでできること

Chapter. 2 SOLIDWORKSの基本操作
  2.1 起動・終了操作とモデリングの流れ
  2.2 スケッチ操作
  2.3 フィーチャー操作
  2.4 アセンブリ操作
  2.5 図面作成操作
  2.6 操作エラーの表示

Chapter. 3 部品のモデリング
  3.1 ガイド部品のモデリング
  3.2 固定部品のモデリング
  3.3 軽量カップのモデリング
  3.4 パイプフックのモデリング
  3.5 せっけん台のモデリング
  3.6 ミニボトルのモデリング

Chapter. 4 アセンブリのモデリング
  4.1 ケースのアセンブリモデル
  4.2 軸受のアセンブリモデル
  4.3 スライド機構のアセンブリモデル
  4.4 リンク機構のアセンブリモデル

Chapter. 5 サブアセンブリを利用したモデリング
  introduction 回転機構のアセンブリモデル
  5.1 ギヤ1(小ギヤ)のモデリング
  5.2 ギヤ2(大ギヤ)のモデリング
  5.3 ベースユニットのサブアセンブリ
  5.4 ハンドルユニットのサブアセンブリ
  5.5 羽根ユニットのサブアセンブリ
  5.6 ガード(カバー)のモデリング
  5.7 回転機構全体のアセンブリ(合致)、及び検証

Chapter. 6 加工を考慮したモデリング
  6.1 ヒンジ(蝶番)のモデリング
  6.2 板金カバーのモデリング
ページトップへ戻る