実践テキスト 店舗の企画・設計とデザイン

小規模の店舗を設立するプロセスなどを、豊富な実例を通して学べる実務教本です

このような方におすすめ

小規模店舗を設立しようと考えている方、商業施設技術団体連合会団体会員及び認定校などに在籍する実務者、学生の皆さんなど
  • 著者公益社団法人 商業施設技術団体連合会 監修/高柳英明・飯田有登 共編
  • 定価3,240 (本体3,000 円+税)
  • B5 224
  • ISBN978-4-274-22165-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は,公益社団法人商業施設技術団体連合会の監修による「小規模の商業施設(店舗)を設立するための設計プロセスを学べる実務書」です.

同連合会では、大学・専門学校等と連携した次世代技術者の育成の一環として「商業施設士(補)資格制度に係る商業施設関連課程の認定校制度」を推進しています.        本書は当該認定校の先生方によってまとめられた、『店舗設計を体系的に学ぶことのできる』 初めての入門書です.

なお,実務入門書ではありますが,学校教科書としても,幅広くご活用いただける内容構成になっています.

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274221651/
1編 商業施設の役割−企画・設計とマーケティングの基礎知識
2編 商業施設の分類ー業種・業態
3編 商業施設(店舗)の構想立案
4編 商業施設(店舗)設計のアプローチと設計例
5編 店舗の企画・設計の進め方
6編 付帯設備と関連法規