ドローン産業応用のすべて −開発の基礎から活用の実際まで−

最新の導入事例を通じてドローンビジネスのキモがわかる決定版!


このような方におすすめ

農業、インフラ点検、空撮、警備、物流などの分野で、ドローンの導入を検討している企業の方、ドローンの使い方をビジネスとしている企業の方、ドローンの研究開発をしている技術者
  • 著者野波 健蔵 編著
  • 定価3,024 (本体2,800 円+税)
  • B5 280
  • ISBN978-4-274-50684-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量
◆予約受付中 発売後に発送します 
◆予約受付中 発売後に発送します

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 ドローンはここ数年、応用分野が広がり、経済産業省主導で応用のロードマップが示されるなど、今後ますます実用化が進展していく見込みです。

 本書は、ドローンを利活用したい企業の方を主たる読者対象として、導入目的に応じたドローンの選び方や使い方を具体的な事例や実証実験の例を通じて紹介するとともに、実用レベルの今後のドローンの発展の未来についても紹介するものです。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274506840/
序章 「空の産業革命」はどこまで進んでいるか
1章 民生用ドローンの歴史と要素技術・自律制御
2章  ドローンの自律制御技術
3章  ドローンの利活用最前線
4章  ドローンの管制システム/運行管理システム構築に向けて(UTM)
5章  「空の産業革命」推進に向けた課題と展望
業務資料
はじめに

序章 「空の産業革命」はどこまで進んでいるか

1章 民生用ドローンの歴史と要素技術・自律制御
 1-1  ドローン研究開発の歴史
 1-2  ドローンの主な構成要素
 1-3  オートパイロットの仕組みと飛行原理
 1-4  マルチロータヘリコプタのモデルベース自律制御

2章  ドローンの自律制御技術
 2-1  IMUを用いた姿勢制御技術
 2-2  GPS環境下の自律飛行制御技術
 2-3  非GPS環境下の自律制御技術(ビジュアルSLAM)
 2-4  非GPS環境下の自律制御技術(レーザーSLAM)
 2-5  近未来の自律制御技術

3章  ドローンの利活用最前線
 3-1  農業分野の利活用最前線
 3-2  林業・水産業分野の利活用最前線
 3-3  測量分野の利活用最前線
 3-4  インフラ点検分野の利活用最前線
 3-5  災害対応分野の利活用最前線
 3-6  警備分野の利活用最前線
 3-7  物流分野の利活用最前線
 3-8  倉庫管理分野の利活用最前線]

4章  ドローンの管制システム/運行管理システム構築に向けて(UTM)

5章  「空の産業革命」推進に向けた課題と展望

業務資料
おわりに