わかりやすい放射線物理学(改訂3版)

必要十分な知識をわかりやすく解説!

このような方におすすめ

○診療放射線技師養成課程の短大・大学学生(初年級を対象とした教科書) 
○現場の診療放射線技師,放射線取扱主任者
○放射線関連国家試験の受験者
  • 著者多田 順一郎・中島 宏・早野 龍五・小林 仁・浅野 芳裕 共著
  • 定価4,104 (本体3,800 円+税)
  • A5 308頁 2018/03発行
  • ISBN978-4-274-22193-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、診療放射線技師養成課程における教科書・参考書です。わかりにくいと言われている放射線物理学を、独学でも本質が深く理解できるよう、図による説明を加えるなど、わかりやすく解説しています。国際放射線単位・測定委員会(ICRU)の放射線の量の定義改訂に関する情報も反映し、放射線関連国家試験の基礎力が得られます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274221934/
1章 放射線とは何か
2章 なぜE0=mc2か?
3章 波か粒子か?
4章 原子の構造
5章 X線
6章 原子核の構造
7章 放射能
8章 荷電粒子線と物質の相互作用
9章 X線・γ線と物質の相互作用
10章 中性子と物質の相互作用・原子核反応
11章 加速器
12章 放射線量
付録 年表