詳細図鑑 小田急ロマンスカーの車両技術

小田急電鉄ロマンスカーの開発・設計のすべてがわかる本!

このような方におすすめ

鉄道機器メーカ技術者
鉄道事業者の関係者
鉄道愛好者やコアな小田急利用者
  • 著者小田急電鉄株式会社  鈴木剛志・板垣匡俊・岩崎哲也 共著
  • 定価2,592 (本体2,400 円+税)
  • A5 232頁 2018/03発行
  • ISBN978-4-274-22203-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

小田急ロマンスカーは、単なる公共交通機関としてだけでなく、首都圏-小田原・箱根・江ノ島・御殿場等の広域なエリアを結ぶ観光の関東圏最高ブランドの鉄道路線としてのポジションを確立しています。

一方,鉄道システムの技術的観点でみると省エネルギー、安全性と輸送効率などに優れた車両技術は、時代時代のニーズに合わせた特長的な車両が登場してきました。

本書では、これまで小田急ブランドを支えてきたロマンスカー60年の変遷を紹介し、2018年3月に10年ぶりに新型車両としてデビューする最新のロマンスカー70000形の「構想から技術開発」「設計の過程」などの独自性について解説しています。

設計,製造に直接携わる現役技術者が、設計までの視点を盛り込んで書き下ろす書籍としては、はじめてであり、貴重な情報をふんだんに配した内容構成です。鉄道愛好者から鉄道技術を学ぶ学生、鉄道機器業界関係者にとっても垂涎の一冊です。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274222030/
第1章 ロマンスカー60年の技術変遷
第2章 70000形の設計と技術開発
第3章 70000形の構造(車体・台車)
第4章 70000形の構造(電気・空気系機器)
第5章 ロマンスカーを動かす現場
あとがき
第1章 ロマンスカー60年の技術変遷
 1 2018年春,GSE70000形誕生
 2 SE3000形・NSE3100形・LSE7000形
 3 HiSE10000形・RSE20000形・EXE30000形
 4 VSE50000形・MSE60000形
第2章 70000形の設計と技術開発
 1 開発コンセプト
 2 構想と基本仕様
 3 安全性開発
 4 デザイン
 5 詳細設計
第3章 70000形の構造(車体・台車)
 1 車体構造
 2 エクステリア・インテリア
 3 乗務員室
 4 台車構造
 5 連結装置
第4章 70000形の構造(電気・空気系機器)
 1 制御のしくみ
 2 主回路・補助回路の機器
 3 ブレーキ装置
 4 安全運行のための装置
 5 情報およびサービス装置
第5章 ロマンスカーを動かす現場
 1 70000形の小田急入線と検査
 2 70000形を運転する
 3 70000形最終検査
 4 7000形から70000形へ
あとがき