ベクトルからはじめる電磁気学

ベクトル解析の本質がわかり、電磁気学がスムースに学べる!!


このような方におすすめ

○理学部または工学部で電磁気学などを学ぶ大学1,2年および高専3,4,5年生
  • 著者坂本 文人 著
  • 定価2,700 (本体2,500 円+税)
  • A5 256頁 2018/08発行
  • ISBN978-4-274-22245-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量
◆予約受付中 発売後に発送します 
◆予約受付中 発売後に発送します

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、まずベクトル場の考え方と取扱いを頭の中でイメージすることができるよう図を多用した記述で解説し、その後電磁気学の基本事項について触れていきます。

 力学など多くの物理学の教科書は、ある法則(微分方程式)ありきでその式の数学的取扱いを解説していくスタイルが多いですが、本書では電磁気学が発展した歴史的背景(実験事実)を話のスタートとします。実験結果を数学を用いて表現することで、最終形態のマクスウェル方程式まで話を持っていきます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274222450/
プロローグ ベクトルってなに?
第1部 なぜ,電磁気学でベクトル解析を使わなきゃいけないの?
第1章 切っても切れない,ベクトル解析と電磁気学の関係性

第2部 ベクトルを演算してみよう
第2章 ベクトルとベクトル場の関係
第3章 ベクトル場の足し算と引き算
第4章 ベクトル場の掛け算―スカラー積とベクトル積はどう違うか
第5章 ベクトル場の演算を頭の中でイメージしてみよう
第6章 ベクトル場の性質を決めるものは?
第7章 様々な座標系でのベクトル場の取扱いを考えよう

第3部 ベクトル解析がわかれば電磁気学はこわくない
第8章 電磁気学とはどんな学問か?
第9章 電磁気学における場の考え方
第10章 静電磁場の世界
第11章 時間変動がある場合の電磁場の世界
第12章 電磁波の伝搬 ? 電波はどうやって伝わっているのか
エピローグ