交通工学

交通工学の最新の枠組みがわかる!

このような方におすすめ

・土木工学科に学ぶ大学生、大学院生
・道路や交通関係の実務に携わる技術者
  • 著者飯田 恭敬 監修/北村 隆一 編著
  • 定価4,620 (本体4,200 円+税)
  • A5 348頁 2008/11発行
  • ISBN978-4-274-20638-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、交通工学を「人間(運転者・歩行者)」「車」「道路」「環境・景観」の4側面の最適関係を論議する学問領域として捉え、その理論的発展を整理し、わかりやすく解説する教科書である。

「交通工学の意義と目的」から、交通調査、分析、解析、そして道路の計画・設計、道路ネットワーク解析等までにわたり、現代の視点で交通工学の全体像を体系的にまとめている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274206382/
1.交通工学の意義と目的
2.交通調査
3.トリップベースの交通需要分析
4.交通行動分析
5.道路交通流解析
6.道路の計画と設計
7.交差点とインターチェンジ・ランプの設計
8.道路ネットワーク解析
9.輸送サービス供給の解析と設計