TCP/IPソケットプログラミング Java 編

Javaによるクライアント/サーバプログラミングの基礎を、手軽に学習できる!

このような方におすすめ

TCP/IPソケットプログラミングを学びたいJavaプログラマ、学生
  • 著者Kenneth L. Calvert Michael J. Donahoo 共著/小高 知宏 監訳
  • 定価1,980 (本体1,800 円+税)
  • B5変 168頁 2003/05発行
  • ISBN978-4-274-06520-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

コンパクトなボリュームの中に、TCP/IPの基礎からJavaによるTCP/IPソケットプログラミングまでのエッセンスを凝縮した入門書。

ネットワークプログラミングのわかりやすい独習書・教材として最適。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274065200/
第1章 ネットワークとプロトコルの概要
第2章 ソケットの基礎
第3章 メッセージの送信と受信
第4章 基礎を超えて
第5章 ソケットAPIの舞台裏
著者紹介
前書き
 対象読者
 本書の概要
 除外した内容
 謝辞
 そのほかの情報
監訳者序文

■第1章 ネットワークとプロトコルの概要
1.1 ネットワーク、パケット、プロトコル
1.2 アドレス
1.3 名前
1.4 クライアントとサーバ
1.5 ソケットとは
・考えてみよう

■第2章 ソケットの基礎
2.1 ソケットのアドレス
2.2 TCPソケット
 2.2.1 TCPクライアント
 2.2.2 TCPサーバ
 2.2.3 入力ストリームと出力ストリーム
2.3 UDPソケット
 2.3.1 DatagramPacket 
 2.3.2 UDPクライアント
 2.3.3 UDPサーバ
 2.3.4 UDPソケットによるデータの送受信
・考えてみよう

■第3章 メッセージの送信と受信
3.1 情報のエンコード
 3.1.1 テキスト
 3.2.1 バイナリ表現
3.2 入出力ストリームの構成
3.3 フレーミングと解析
3.4 Javaでの回線の実装
 3.4.1 テキスト主体の表現
 3.4.2 混在型のデータ表現
 3.4.3 送信と受信
3.5 まとめ
・考えてみよう

■第4章 基礎を超えて
4.1 マルチタスク
 4.1.1 Javaのスレッド
 4.1.2 サーバプロトコル
 4.1.3 クライアントごとにスレッドを作成
 4.1.4 サーバのファクトリ化
 4.1.5 スレッドプール
4.2 ノンブロッキングI/O
 4.2.1 accept()、read()、receive()
 4.2.2 接続と書き込み
 4.2.3 各クライアントの時間を制限する
4.3 複数の受信者
 4.3.1 ブロードキャスト
 4.3.2 マルチキャスト
4.4 ソケットオプション
4.5 接続のクローズ
4.6 アプレット
4.7 Java RMI
・考えてみよう

■第5章 ソケットAPIの舞台裏
5.1 TCPにおけるバッファリング
5.2 バッファデッドロック
5.3 パフォーマンスへの影響
5.4 TCPソケットのライフサイクル
 5.4.1 接続
 5.4.2 TCPコネクションの切断
5.5 多重分離のなぞを解く
・考えてみよう

■参考資料

索引