新世代工学シリーズ コンピュータグラフィックス

基本的なポイントを的確におさえた、わかりやすいセメスタ制対応教科書

このような方におすすめ

大学の電気電子,情報通信,電子機械,システム工学系に関連する学部を中心に,文系も含めた1,2年次学生対象
  • 著者大阪産業大学 前川 佳徳 編著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • B5 154頁 2001/02発行
  • ISBN978-4-274-13220-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 CADをはじめとしたコンピュータを用いてのデザイン設計が一般的となるなか、新しいデザインツールがどのようなものであり、またどのように使えるのかを、グラフィックス技法のアルゴリズムを中心に、人間の知性や感性とデザインとの関係などについても理解できるように、わかりやすくまとめた教科書。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274132209/
1章 コンピュータグラフィックスとは何か
2章 コンピュータグラフィックスのしくみを理解する
3章 3次元形状をモデリングする
4章 自由曲面を表現する
5章 幾何学変換を行う
6章 投影変換と視野変換を理解しよう
7章 レンダリングと色の表現を知る
8章 シェーディングとマッピングを行う
9章 レイトレーシングを学ぶ
10章 ボリュームレンダリングを学ぶ
11章 アニメーションと変形
12章 バーチャルとコンピュータグラフィックス