環境統計学入門 −環境データの見方・まとめ方−

複雑な環境データ解析の最初の一歩に最適!

このような方におすすめ

○企業において環境調査,データ処理およびその関連業務に携わっている方
○大学・工専の環境系の学科で学ぶ学生 など
  • 著者山梨大学大学院工学研究科 片谷 教孝 北海道大学大学院工学研究科 松藤 敏彦 共著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 176頁 2003/04発行
  • ISBN978-4-274-19700-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 環境に関する諸情報の調査・集計後、そこから役立つ情報を得るためには統計学が必要となる。いわゆる数学としての統計学の本は数多くあるが、環境データ処理に特化したものはこれまでになかった。

 本書は、環境問題に関連するデータを取り扱うための統計学として、最小限の知識を学び、さらに環境データを実際に取り扱う演習によって、実用的な能力を身につけることを目的とするものである。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274197000/
第1章 環境問題と統計学
第2章 統計学の基礎的な知識
第3章 記述統計学:データ(標本)の特徴をとらえる
第4章 推測統計学:標本から母集団の特性を調べる
第5章 環境問題における統計データの利用:統計データはどんなところに役立つのか
第6章 環境データの多変量解析:多くの変数がかかわる分析の方法を知る
第7章 質的データの取り扱い:数量になっていないデータの扱い方を知る
もっと詳しく学ぶために