コンクリート構造物の設計入門

コンクリート構造物の設計を楽しく学べる入門書!

このような方におすすめ

建設系工業高等学校生,大学生,専門学校生
建設系実務技術者
  • 著者土木設計研究会 編
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 180頁 2005/04発行
  • ISBN978-4-274-20064-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、建設系学生や実務に携わり始めて間もない方を対象とする入門書としてまとめられている。

 本書の内容を理解すれば、現場経験に乏しくても、土木設計の一連のプロセスの基本的な流れを理解できるようになる。

 コンクリート構造物の設計をテーマとして、ペーパークラフト、針金、厚紙等で物づくり・模型づくりを実践できる点など、楽しみながら学べるように工夫されている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274200649/
1. 鉄筋コンクリート構造物の模型作り
2. 鉄筋コンクリート構造物のあらまし
3. 鉄筋コンクリート構造物の設計の基礎知識
4. 鉄筋コンクリート柱の設計
5. 鉄筋コンクリート長方形梁の設計
6. 鉄筋コンクリート床版の設計
7. 鉄筋コンクリートT型梁の設計
1. 鉄筋コンクリート構造物の模型作り
 1.1 模型の作り方
 1.2 模型の実験
 演習問題

2. 鉄筋コンクリート構造物のあらまし
 2.1 鉄筋コンクリートのしくみと特徴
 2.2 コンクリート橋の各部の名称と分類
 2.3 コンクリート橋の施工方法
 演習問題

3. 鉄筋コンクリート構造物の設計の 基礎知識
 3.1 鉄筋コンクリート構造物の設計法
 3.2 鉄筋コンクリート構造物に使用する材料とその扱い方
 3.3 設計に用いる荷重
 3.4 鉄筋の加工
 演習問題

4. 鉄筋コンクリート柱の設計
 4.1 鉄筋コンクリート柱の構造と特徴
 4.2 道路橋の橋脚に用いる鉄筋コンクリート柱の設計手順
 4.3 設計条件の設定
 4.4 橋脚の橋座部に作用する荷重の計算
 4.5 柱の断面仮定
 4.6 帯鉄筋柱の設計断面力の計算
 4.7 帯鉄筋柱の設計断面耐力の計算と照査
 4.8 帯鉄筋柱の積算
 演習問題

5. 鉄筋コンクリート長方形梁の設計
 5.1 鉄筋コンクリート長方形梁の構造と特徴
 5.2 歩道橋の主桁に用いる長方形梁の設計手順
 5.3 設計条件の設定
 5.4 長方形梁に作用する荷重の計算
 5.5 長方形梁に作用するせん断力と曲げモーメントの計算
 5.6 必要な有効高さと鉄筋量の計算
 5.7 長方形梁の断面仮定
 5.8 断面の中立軸の位置の計算
 5.9 曲げ応力の計算と照査
 5.10抵抗モーメントの計算と照査
 5.11せん断応力の計算と照査
 5.12斜め引張応力の大きさの判定
 5.13スターラップの配置
 5.14折曲げ鉄筋の配置
 5.15付着応力の計算と照査
 5.16長方形梁の積算
 演習問題

6. 鉄筋コンクリート床版の設計
 6.1 鉄筋コンクリート床版の構造と特徴
 6.2 鉄筋コンクリート床版の設計手順
 6.3 設計条件の設定
 6.4 床版厚の仮定
 6.5 床版に作用する荷重の計算
 6.6 床版に作用する曲げモーメントの計算
 6.7 必要な有効高さおよび鉄筋量の計算
 6.8 床版の断面仮定
 6.9 曲げ応力の計算と照査
 6.10床版の積算
 演習問題

7. 鉄筋コンクリートT形梁の設計
 7.1 鉄筋コンクリートT形梁の構造と特徴
 7.2 T桁橋の主桁断面の設計手順
 7.3 設計条件の設定
 7.4 T形梁のフランジの有効幅の計算
 7.5 T形梁に作用する荷重の計算
 7.6 T形梁に作用するせん断力と曲げモーメントの計算
 7.7 必要な有効高さと鉄筋量の計算
 7.8 T形梁の断面仮定
 7.9 曲げ応力の計算と照査
 演習問題