図解 遺伝子の調節機構 ―λファージの遺伝子スイッチ―

世界的権威による超ロングセラーの最新翻訳版!

このような方におすすめ

医学、薬学、生物学、化学等の分野の大学生、大学院生、研究者ほか
  • 著者Mark Ptashne 著/堀越 正美 訳
  • 定価3,630 (本体3,300 円+税)
  • A5 244頁 2006/04発行
  • ISBN978-4-274-20230-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 平成元年発行の英和翻訳版「絵とき遺伝子スイッチ―遺伝子制御とファージλ―」の原書である「Genetic Switch」は、1986年の初版発行以来、2004年には第3版が発刊され、分子生物学領域の定本的ロングセラーとして好評を博している。

 本書は、原書第3版「Genetic Switch ?Phage Lambda Revisited」に基づく新しい翻訳書である。

 分子生物学とは専門分野を異にする研究者・技術者なども含めて、専門的な(あるいは専門用語に関する)知識を十分に持たない方々でも理解できるように平易にまとめられている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274202308/
カラー口絵
日本語版への序文(日本語)
日本語版への序文(英語)
第3版への序文
初版への序文
訳者序文
序 章
第1章 遺伝子発現制御における主な構成要素
第2章 タンパク質-DNA間相互作用と遺伝子発現制御-
第3章 遺伝子発現制御回路-遺伝子スイッチの設定
第4章 明らかにするための方法-鍵となる実験
第5章 新しい展開
付 録