入門 機械制御と製作実習 4軸クレーンを作って学ぶ機械装置設計

4軸クレーンを作って体験することで制御と機械設計を学べる!!

このような方におすすめ

	大学、高専、工業高校、職業訓練校、職業能力開発校の補助教科書として(主に機械系)
機械系企業の研修用テキストとして
  • 著者岡田 昌樹 著
  • 定価3,520 (本体3,200 円+税)
  • B5 216頁 2013/08発行
  • ISBN978-4-274-06923-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 シーケンス制御は大きなラインシステムのみならず単体装置にも使われますが、そのほとんどがPLC(Programmable Logic Controller)という制御回路を作成できる電子装置を使っています。本書ではPLCの使い方を身につけるために、シーケンス制御の原理や基礎を解説します。さらに4軸クレーンの装置を開発することで実践的なものづくりを体験でき、シーケンス制御をはじめ、エアトロニクス、メカトロニクス、機械設計の基本要素まで学ぶことができます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274069239/
第1章 リレーシーケンス
第2章 PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)
第3章 空気圧システム
第4章 機構要素
第5章 4軸クレーンの設計製作
索引
参考文献
第1章 リレーシーケンス
1-1 シーケンス制御とは
1-2 リレーシーケンス制御とは
1-3 開閉接点
1-4 主な使用機器の概要
1-5 シーケンス図の描き方
1-6 主な使用機器の文字記号
1-7 主な使用機器の図記号
1-8 タイムチャート
1-9 真理値表(Truth table)
1-10 リレーシーケンス制御の実習装置
1-11 リレーシーケンス制御の基本回路演習
第2章 PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)
2-1 シーケンサとは
2-2 ラダー図の描き方
2-3 シーケンサの命令語と回路図
2-4 プログラムの構成
2-5 シーケンサの実習装置
2-6 プログラムの入力方法
2-7 命令語の基本
2-8 シーケンサの基本回路演習
2-9 シーケンサのプログラミングソフト
第3章 空気圧システム
3-1 空気圧システムとは
3-2 空気圧発生装置
3-3 空気圧調質機器
3-4 制御機器
3-5 駆動機器
3-6 空気圧の基本回路
3-7 エアシリンダの選定方法
第4章 機構要素
4-1 歯車機構
4-2 ねじ機構
4-3 軸・軸受・軸継手
4-4 駆動モーター
第5章 4軸クレーンの設計製作
5-1 装置の外観
5-2 ハンド機構の設計製作
5-3 ハンドの上下移動と回転機構の設計製作
5-4 アームの平面移動機構の設計製作
5-5 フレームとパネルの設計製作
5-6 ボタンスイッチとランプの配置
5-7 制御盤の設計製作
5-8 制御プログラム
索引
参考文献