ワークブックで学ぶ生物学の基礎 第3版

世界で選ばれている生物学教科書の決定版!

このような方におすすめ

専門学校生および大学における基礎生物学履修生
  • 著者Tracey Greenwood・Lissa Bainbridge-Smith・Kent Pryor・Richard Allan 共著/後藤太一郎 監訳
  • 定価3,520 (本体3,200 円+税)
  • A4 312頁 2015/11発行
  • ISBN978-4-274-50585-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、ニュージーランドBIOZONE社の生物学教科書『IB Biology』の抜粋翻訳書です。

 イラストや写真が豊富で、生物学の基礎から人の健康まで幅広い内容が扱われています。各トピックが解説と演習問題を含む1-2ページの構成でまとめられていて、授業の組み立てに合わせて項目を選ぶことができます。このワークブックはテキストとして授業で活用するだけでなく,学生自身が予習や復習によって学習内容を整理して確認することにも役立ちます。

 第3版では、第2版の原著『Senior Biology』を一部使用しながら、社会応用の学習頁が多い『IB Biology』の頁を多く盛り込み、日本での生物学基礎の学習により適した構成に刷新しました。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274505850/
第1章 生命の起源
第2章 生命の化学
第3章 酵素
第4章 細胞の構造
第5章 細胞膜と輸送
第6章 細胞分裂
第7章 生体エネルギー
第8章 分子遺伝
第9章 突然変異
第10章 遺伝子の相互関係
第11章 生命工学
第12章 進化
第13章 ガス交換
第14章 消化
第15章 体内輸送
第16章 免疫
第17章 神経系
第18章 ホメオスタシス
第19章 排泄
第20章 骨格と筋肉
第21章 生殖
第22章 植物
第23章 生態系
第24章 エネルギー循環
第25章 個体群動態
第26章 環境に対する人間の影響
ワークブックで学ぶ生物学の基礎(第3版)目次案

第1章 生命の起源
生命の起源を探求する/原始細胞/真核生物の起源/生命体共通の祖先

第2章 生命の化学
有機分子/水/水の性質/糖/糖の加水分解と脱水縮合/多糖類/でんぷんとセルロース/脂質/アミノ酸/タンパク質/タンパク質(2)/タンパク質の役割/ヌクレオチドと核酸/核内でのDNAパッケージング

第3章 酵素
酵素/酵素の反応速度/カタラーゼの活性計測/酵素の産業応用/代謝経路/酵素の働き/酵素阻害

第4章 細胞の構造
細胞説/単細胞の真核生物/細胞の面積と体積/細胞の大きさ/倍率の計算/多細胞生物/幹細胞と分化/幹細胞の種類/幹細胞の治療応用/原核細胞と真核細胞の比較/原核細胞の構造/植物細胞/動物細胞

第5章 細胞膜と輸送
細胞膜の構造/拡散/浸透/能動輸送/イオンポンプ/エキソサイトーシスとエンドサイトーシス/能動輸送と受動輸送

第6章 細胞分裂
細胞分裂はなぜ必要か/体細胞分裂と細胞周期/体細胞分裂のステージ/細胞周期の制御機構/がん:制御不能となった細胞

第7章 生体エネルギー
ATPの役割/細胞内呼吸/好気性代謝/光合成/色素と光吸収/光合成速度に影響する因子/代謝経路の制御/細胞内呼吸の生化学/化学浸透/クロロプラスト/明反応/暗反応
第8章 分子遺伝
DNA複製/メセルソン・スタールの実験/遺伝子からタンパク質合成まで/遺伝暗号/転写と翻訳/転写後修飾/遺伝子発現の制御

第9章 突然変異
対立遺伝子/塩基配列の変異/変異原と変異/遺伝子変異と遺伝子疾患/鎌状赤血球の変異

第10章 遺伝子の相互関係
ゲノム/原核生物の染色体構造/真核生物の染色体構造/減数分裂/減数分裂モデル/減数分裂での染色体不分離/核型/ヒトゲノムプロジェクト/メンデルのエンドウマメの実験/メンデルの遺伝法則/交雑/検定交雑/一遺伝子雑種/対立遺伝子の優性/複対立遺伝子の優性/伴性遺伝/遺伝パターン/減数分裂と変異/交叉/二遺伝子交雑/連鎖遺伝子の遺伝

第11章 生命工学
生命工学とは/ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)/ゲル電気泳動/PCRを利用したDNA鑑定/科学捜査でのDNA鑑定/遺伝子操作とは/組換えDNAの作製/GMO(遺伝子組換え生物)/遺伝子クローニング/組換え細菌の利用/ゴールデンライス/インスリンの生産/食糧生産への応用/遺伝子組換技術の倫理的課題/自然界でのクローン/胚分割によるクローニング/体細胞の核移植によるクローニング

第12章 進化
遺伝子、遺伝、自然選択/化石記録/自然選択と個体群変化/相同構造/分岐と進化/自然選択のメカニズム/適応/黒化型昆虫の自然選択/ダーウィンフィンチの嘴のサイズと自然選択/進化の探求/抗生物質耐性の進化/殺虫剤耐性の進化/新しい生命の樹/分岐図と系統樹/分岐論/種の形成/生殖隔離/隔離された個体群の比較/進化的変化の速度
第13章 ガス交換
ガス交換とは/ガス交換システム/呼吸/喫煙と肺の機能

第14章 消化
消化器官の役割/腸内での食物の移動/胃/小腸/大腸、直腸、肛門/消化、吸収、輸送/肝臓の消化における役割/ヒトの消化管

第15章 体内輸送
循環器/血管/毛細血管のネットワーク/心臓/心臓の活動の制御/心周期/心臓概観/冠閉塞

第16章 免疫
体の防御機構/血液凝固と防御/食細胞の活動/炎症/抗生物質/ウイルス性疾患/HIVとAIDS/防御のための標的/免疫機構/クローン選択/抗体/血液型と抗原/アレルギーと過敏症

第17章 神経系
神経の制御機構/神経の構造と機能/神経インパルス/神経伝達物質/化学シナプス/脳における化学的不均衡

第18章 ホメオスタシス
ホルモンの制御機構/ホメオスタシスの原理/内分泌機構/血糖値の制御/糖尿病

第19章 排泄
ヒトにおける水収支/動物における窒素老廃物/排泄機構/浸透圧調節と排出/腎臓の構造/腎臓の機能/水分保持における腎臓の役割/尿排出の制御/透析

第20章 骨格と筋肉
骨格と運動/関節の動き方/拮抗筋/骨格筋の構造と機能/滑り説

第21章 生殖
男性の生殖機構/女性の生殖機構/月経/ホルモンを使った不妊治療/動物における生殖/配偶子/精子形成/卵形成/受精と初期胚の成長/胎盤/妊娠時に働くホルモン

第22章 植物
根からの吸収/蒸散/水分保持のための適応/転流/植物の分裂組織/オーキシンとシュートの成長/植物の組織培養/開花/開花の制御/花粉形成と受粉/種子の拡散/種子の構造と発芽

第23章 生態系
バイオーム(生物群系)/生態系の構成要素/生態系の安定性/物理的環境要因と勾配/ハビタット(生息場所)/ニッチ(生態的地位)/競争とニッチサイズ/ニッチへの適応/食物連鎖/食物網

第24章 エネルギー循環
生態系におけるエネルギー流/生態ピラミッド/栄養素循環/炭素循環/窒素循環/リン酸循環/水循環

第25章 個体群動態
個体群成長曲線/r選択とK選択/個体群の齢構造/種間相互作用/捕食者と被食者の戦略/捕食者と被食者の相互作用/ニッチ分化/種間競争/種内競争

第26章 環境に対する人間の影響
グリーンハウス効果/地球温暖化/地球温暖化による生物圏への影響/熱帯の森林破壊/漁業の生態学的影響/絶滅危惧種/生物多様性の消失