Common Diseaseの病態生理と薬物治療

多くの図と詳しい解説で、身近な病気の病態生理と薬物治療がよくわかる!

このような方におすすめ

○薬剤師(卒後教育対象者),薬学部学生
  • 著者寺田 弘・金保 安則・原 晃 監修/システム薬学研究機構・牧野 公子・宮城島 利一・高乗 仁・江口 至洋・礒濱 洋一郎 共編
  • 定価11,000 (本体10,000 円+税)
  • B5 720頁 2019/03発行
  • ISBN978-4-274-22070-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、薬物の適正使用を実践する能力を有し、チーム医療を担える薬剤師養成を目的とした薬剤師卒後教育用の参考書です。

 疾患への理解を通して薬物治療を行えること、疾患の概念・症状・検査所見・治療法に精通していること、処方提案に必要な薬の作用、副作用、併用薬との相互作用などを総合的に理解していることが求められる薬剤師の方々のために、分かりやすく丁寧にまとめたものです。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274220708/
第I編 病態生理と薬物治療
 第1章 心臓・血管系の疾患
 第2章 呼吸器・胸部の疾患
 第3章 消化器系疾患
 第4章 腎臓・尿路の疾患
 第5章 血液・造血器系疾患
 第6章 内分泌系疾患
 第7章 代謝性疾患
 第8章 骨・関節の疾患
 第9章 アレルギー・免疫疾患
 第10章 生殖器疾患
 第11章 神経・筋の疾患
 第12章 精神疾患
 第13章 耳鼻咽喉の疾患
 第14章 皮膚疾患
 第15章 眼疾患
 第16章 感染症
 第17章 がん

第II編 臨床検査
 第1章 総論
 第2章 代表的な臨床検査
 第3章 臨床検査の基準値

付録
第I編 病態生理と薬物治療
 第1章 心臓・血管系の疾患
  1.心不全
  2.不整脈
  3.虚血性心疾患
  4.高血圧症
 第2章 呼吸器・胸部の疾患
  1.上気道炎(かぜ症候群)・インフルエンザ(疾患)
  2.気管支喘息
  3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
 第3章 消化器系疾患
  1.胃食道逆流症
  2.胃・十二指腸疾患
  3.小腸・大腸
  4.肝疾患
  5.胆道疾患
  6.膵疾患
 第4章 腎臓・尿路の疾患
  1.腎不全
  2.糸球体腎炎
  3.ネフローゼ症候群
  4.排尿障害(過活動膀胱)
 第5章 血液・造血器系疾患
  1.貧血
  2.血栓・塞栓
 第6章 内分泌系疾患
  1.甲状腺機能異常症
 第7章 代謝性疾患
  1.糖尿病・低血糖症
  2.脂質異常症
  3.高尿酸血症・痛風
 第8章 骨・関節の疾患
  1.骨粗鬆症
 第9章 アレルギー・免疫疾患
  1.自己免疫疾患
  2.関節リウマチ
 第10章 生殖器疾患
  1.前立腺肥大症
  2.子宮内膜症
 第11章 神経・筋の疾患
  1.脳血管疾患
  2.てんかん
  3.パーキンソン病
  4.アルツハイマー型認知症
  5.血管性認知症
 第12章 精神疾患
  1.統合失調症
  2.うつ病・躁うつ病
 第13章 耳鼻咽喉の疾患
  1.めまい
  2.メニエール病
  3.鼻炎・花粉症
 第14章 皮膚疾患
  1.アトピー性皮膚炎
  2.乾癬
  3.疥癬
 第15章 眼疾患
  1.緑内障
 第16章 感染症
  1.細菌感染症
  2.感染性胃腸炎
  3.ヘルペスウイルス感染症
  4.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症
  5.真菌感染症
 第17章 がん
  1.肺がん
  2.乳がん
  3.胃がん・食道がん
  4.大腸がん
  5.肝・胆・膵がん
  6.脳腫瘍
  7.悪性リンパ腫・白血病
  8.前立腺がん
  9.子宮体がん
  10.子宮頸がん

第II編 臨床検査
 第1章 総論
  1.臨床検査の意義,目的
  2.臨床検査の種類
 第2章 代表的な臨床検査
  1.肝機能検査
  2.腎機能検査
  3.呼吸機能検査
  4.心機能検査
  5.血液・血液凝固検査
  6.内分泌・代謝疾患の検査
  7.感染時・炎症時の臨床検査
  8.アレルギー疾患,膠原病の検査
  9.悪性腫瘍に関する臨床検査
  10.尿・便を用いた臨床検査
  11.動脈血ガス分析の検査
  12.バイタルサイン
 第3章 臨床検査の基準値

付録
  1.医学・薬学関連の略語一覧
  2.一般名一覧
  3.販売名(商品名)一覧