はじめての基礎化学実験

大学の基礎化学実験で理解不足の知識を補える分かりやすい実験書!

このような方におすすめ

○大学初学年の学生,教育学部の学生
○高専の学生
  • 著者山? 友紀・平山 美樹・?永 眞由美・田中 義靖 共著
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 220頁 2018/10発行
  • ISBN978-4-274-22275-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、大学教養および専門学校などで行われている基礎化学実験をイラストなどで視覚的に分かりやすく丁寧にまとめた実験書です。大学や専門学校では、高校までの実験器具よりもさらに多くの器具を扱うことになるため、安全に楽しく実験が行えるように配慮した内容としています。また、「この実験の目的は何か」を明確に示し、ただ実験をするだけではなく、その結果からどのような考察ができるのかを解説してありますので、大学初学年向けの教科書や参考書として活用できます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274222757/
序章 化学実験を行うための心得と諸注意
1章 実験の基本操作
2章 薬品の作り方と保存方法
3章 検出実験
4章 滴定
5章 電気分解
6章 機器分析の紹介
7章 応用的な実験例
付録