LC/MS、LC/MS/MS Q&A100 獅子の巻

Q&A形式の実務書、第3弾! LC/MS、LC/MS/MSのすべてがわかる!

このような方におすすめ

○現場でLC/MSおよびLC/MS/MS分析実務を担当している中級技術者
○LC/MSおよびLC/MS/MS分析の実務を習得しようと考えている方 など
  • 著者中村 洋 企画・監修/公益社団法人 日本分析化学会液体クロマトグラフィー研究懇談会 編
  • 定価3,672 (本体3,400 円+税)
  • A5 280頁 2018/11発行
  • ISBN978-4-274-22298-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 LC/MS、LC/MS/MSは化学、物理学、生物学、工学などを包含するマルチディシプリナリー領域であり、これら基礎科学はもちろん、それらの学際領域についても深い理解が要求され、したがって、LC/MS、LC/MS/MSのユーザには常に無数の疑問が生じているといった状況下にあります。

 このような背景のもと、日常遭遇する疑問に答えるQ&A形式の実務書として2016年8月に『LC/MS, LC/MS/MS Q & A 100 虎の巻』を、2017年9月に『LC/MS, LC/MS/MS Q & A 100 龍の巻』発刊しました。本書「獅子の巻」はQ&Aの第3弾として企画するもので、「虎の巻」(初級編)、「龍の巻」(中級編)、「獅子の巻」(上級編)という位置づけとなります。これにより、現状におけるLC/MS、LC/MS/MSに対する疑問や知識をほぼ完全に理解できる内容構成となります。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274222986/
1章 周辺基礎技術・概念とHPLC・UHPLC
2章 質量分析の基礎
3章 質量分析におけるイオン化・イオン分離・検出
4章 LC/MS、LC/MS/MSの基礎と応用
巻末付録 LC/MSメーカーの歴史、規模、研究者数