分散システムデザインパターン コンテナを使ったスケーラブルなサービスの設計

コンテナを使った分散システムの設計と実装について解説 !

このような方におすすめ

開発者、運用管理者、分散アーキテクチャに興味がある中・上級者
  • 著者Brendan Burns/松浦 隼人
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 200頁 2019/04発行
  • ISBN978-4-87311-875-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は、コンテナを使った分散システムのデザインパターンについて解説する書籍です。コンテナとコンテナオーケストレーションを使うことで、分散システムの設計をパターン化でき、スケーラブルで信頼性の高いサービスをすばやく構築できます。 はじめにシングルノードパターンとして、分散システム内の個別ノード上に存在する再利用可能なパターンやコンポーネントについて説明し、次にWebアプリケーションのように継続的にサービスを提供するシステムを対象にしたマルチノードの分散パターンを紹介します。さらにイベント駆動処理、ワークフローの統合を含む大規模なバッチデータ処理の分散システムパターンを解説します。 可用性の高い分散システムの開発が効率的に行えるパターンを多数紹介する本書は、開発及びインフラエンジニア必携の一冊です。