ExcelとRではじめる やさしい経済データ分析入門

ツールの操作からレポートのまとめ方まで、データ分析のキホンが身につく!

このような方におすすめ

◎ 経済学部や経営学部、および関連する社会科学系の学生
◎ 数学が得意ではないが、データを分析してレポートを作成したい学生および社会人
  • 著者隅田 和人・岡本 基・岩澤 政宗・金 燕春・水村 陽一・吉田 崇紘 共著
  • 定価2,970 (本体2,700 円+税)
  • A5 288頁 2020/06発行
  • ISBN978-4-274-22562-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

この本は、データ分析の初心者、とくに文系の方を対象とした社会経済に関するデータ分析の入門書です。

前半は、プログラミング言語に抵抗のある方でも取り組みやすいよう、Excelで記述統計の解説を行います。Excelの基本操作もフォローするので、パソコンが苦手な方でも大丈夫です。

後半に入ったら、データ数が多い場合の分析方法をR(R Studio)で解説していきます。Rについても、もちろんインストールから使い方を説明します。経済データの分析でよく使われる回帰分析をしっかり理解し、レポートとしてまとめられるよう、ていねいに解説していきます。

卒論などで大量のデータ分析を必要とする文系学生のほか、アンケートなどのデータ分析が必要だけれど、数学が苦手な社会人の方にもおすすめです。

【本書の特徴】

・ ExcelやRを使用した経済に関する例題および演習問題を、各章に掲載しています。数式を追うだけでなく、手を動かして実際の分析方法を身につけることができます。

・ 演習問題には公的統計データを使用しているため、常に最新の情報を分析しながら学べます。

・ExcelやRは、パソコンに苦手意識のある方でも取り組みやすいよう、使用方法をていねいに解説します。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274225628/
Chapter 1 データと変数の種類
Chapter 2 データをグラフ化しよう
Chapter 3 一つの変数による記述統計―中心と散らばりの統計量
Chapter 4 二つの変数による記述統計―相関係数と回帰分析
Chapter 5 推定の考えかた
Chapter 6 検定の考えかた
Chapter 7 回帰分析での推定と検定
Chapter 8 ダミー変数を用いた回帰分析
Chapter 9 レポートの作成
はじめに
本書で利用するデータ
Web付録の内容

Chapter 1 データと変数の種類
 1.1 データの表しかた
 1.2 変数の種類
 1.3 観測期間からみたデータの種類

Chapter 2 データをグラフ化しよう
 2.1 棒グラフ
 2.2 度数分布表とヒストグラム
 2.3 折れ線グラフ
 2.4 地図を使ったグラフ:主題図
 2.5 まとめ

Chapter 3 一つの変数による記述統計―中心と散らばりの統計量
 3.1 データの中心の値
 3.2 データのばらつきの値
 3.3 標準偏差の活用
 3.4 四分位値と箱ひげ図
 3.5 その他の記述統計量
 3.6 Excelを用いて一括して計算する方法
 3.7 まとめ

Chapter 4 二つの変数による記述統計―相関係数と回帰分析
 4.1 散布図
 4.2 共分散
 4.3 相関係数
 4.4 回帰分析
 4.5 まとめ
 4.6 演習問題I

Chapter 5 推定の考えかた
 5.1 データの種類
 5.2 標本抽出の方法
 5.3 推定の考えかた
 5.4 標本平均の標本分布
 5.5 正規分布
 5.6 母平均の信頼区画
 5.7 まとめ

Chapter 6 検定の考えかた
 6.1 仮説検定の目的
 6.2 帰無仮説と対立仮説
 6.3 検定統計量
 6.4 臨界値の設定
 6.5 仮説検定の結論の述べかた
 6.6 母平均値の両側検定の手順
 6.7 t分布を用いた臨界値の求めかた
 6.8 まとめ

Chapter 7 回帰分析での推定と検定
 7.1 母集団回帰式と標本回帰式
 7.2 回帰分析での推定
 7.3 回帰分析での仮説検定
 7.4 重回帰式における推定と検定
 7.5 まとめ

Chapter 8 ダミー変数を用いた回帰分析
 8.1 ダミー変数
 8.2 ダミー変数を説明変数とした単回帰分析
 8.3 説明変数に一つのダミー変数を入れた重回帰分析
 8.4 ダミー変数と連続変数の公差項を入れた回帰分析
 8.5 説明変数に複数のダミー変数を含む回帰分析
 8.6 ダミー変数が被説明変数の場合の回帰分析
 8.7 まとめ

Chapter 9 レポートの作成
 9.1 レポートの構成
 9.2 図表の作成
 9.3 文章の執筆
 9.4 参考文献
 9.5 レポートの例
 9.6 まとめ
 9.7 演習問題II

練習問題解答例
付録1 付表
付録2 学習案内
参考文献

索引

 参考文献/索引/奥付