放射線技術学シリーズ 放射線計測学(改訂3版)

国家試験の出題内容に対応した定番教科書 放射線技術学シリーズの改訂3版!

このような方におすすめ

○診療放射線技師養成校の大学・短大・専門学校生
○診療放射線技師
  • 著者日本放射線技術学会 監修/名古屋大学 小山 修司 首都大学東京 加藤 洋 共編
  • 定価5,500 (本体5,000 円+税)
  • B5 324頁 2020/08発行
  • ISBN978-4-274-22575-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 「放射線計測学」の初版は2003年9月に、改訂2版は2013年11月に発行し、改訂2版発行から6年以上が経過しています。

 改訂3版では、改訂2版の4章構成を、実際の講義に使いやすいように9章構成に再編成していますが、教科書としての基本的な枠組みは改訂2版を踏襲しています。

 改訂2版の中で不足している箇所を補完し,最近の国家試験の傾向を踏まえて、演習問題を豊富に掲載し、今まで以上に使いやすい、教えやすいテキストになっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274225758/
第1章 放射線計測の統計と誤差
第2章 放射線と物質との相互作用
第3章 気体検出器
第4章 シンチレーション検出器
第5章 半導体検出器
第6章 その他の検出器
第7章 放射線計測の基礎
第8章 放射線計測の応用
第9章 物理学的・化学的関連諸量の単位と定義
演習問題解答
索引