データベースリライアビリティエンジニアリング 回復力のあるデータベースシステムの設計と運用

物理サーバからパブリッククラウドへの遷移と、DevOps/SREのムーブメントをワークフロー取り入れるのに求められるサーバ設計管理の考え方を詳述!

このような方におすすめ

既にDB管理者だが自分のやり方を確認したい人アプリケーション開発者だがDBの面倒も見ている人、これからDB管理者になる人運用を意識した開発をしたいと思っているアプリケーション開発者
  • 著者Laine Campbell、Charity Majors/八木 和生
  • 定価3,740 (本体3,400 円+税)
  • B5変 308頁 2021/04発行
  • ISBN978-4-87311-940-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

スケールを前提としたWebアプリケーションの設計、マイクロサービスからおこる障害、開発と運用の協業など、開発環境の変化に応じて、データベース設計・管理でも、これまでになかった新たな方法が求められています。データベースの世界では従来のように自分でサーバ上にMySQLやOracleなどを構築した方法から、AWSやGCPなどのマネージドなデータベースサービスを使うように変わってきており、それに応じたデータベースの管理方法を学します。