現場実務シリーズ12 電気設備の自主検査と現場試験(改訂第2版)

工事受注から竣工引渡しまでの工事現場の節目に沿った自主検査の内容を、電設技術者向けにまとめた、実用性の高い実務書です。(各種試験様式を収録したCD-ROM付き)

このような方におすすめ

設計事務所、建設会社、電気工事会社の電気技術者
  • 著者一般社団法人 日本電設工業協会出版委員会単行本企画編集専門委員会
  • 定価4,180 (本体3,800 円+税)
  • A4 170頁 2021/04発行
  • ISBN978-4-88949-111-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

電気設備の施工にあたっては、設計図書に記述された内容を実現する高い品質が求められているとともに、工事会社が、施工品質を確保、確認する手段として実施する検査・測定・試験の重要性は、年々高まっています。本書は、『電気設備の自主検査と現場試験』改訂版の、受入検査、中間検査、工場検査、竣工検査などの自主検査、完成検査、現場試験について、法令・規格類、内容の見直しを行ったものです。