食料経済(第6版) フードシステムからみた食料問題

私たちの「食をめぐる環境」とその「問題点」とは?

このような方におすすめ

農学系、栄養学系、経済学系の大学・短大・専門学校1、2 年生。農学系の公務員を目指す学生。日本の「食の将来」に不安を抱いている人。教育機関の参考書としての採用。
  • 著者盒 正郎 監修/清水 みゆき 編著
  • 定価2,970 (本体2,700 円+税)
  • A5 272頁 2022/03発行
  • ISBN978-4-274-22822-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

日本の食料・農業問題を多角的・体系的にまとめ、

「SDGs」、「TPP」、企業の農業参入、食品表示、

食料自給力、エンゲル係数の上昇、「中食」のさらなる拡大など、

新たな動向についてデータとともにわかりやすく解説。

農学系・栄養学系・経済学系の大学・短大・専門学校1・2 年生、

公務員をめざす農学系の学生、「食の将来」に関心のある社会人に最適。

※本書は2016年7月発行『食料経済(第5版)−フードシステムからみた食料問題』の改訂第6版です。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274228223/
prologue 食料経済で何を学ぶか

1編 “豊かな食卓”を解析すれば
 1章 食生活の変遷と特徴
 2章 成熟期にきた食の需給

2編 農場から食卓を結ぶ食料・食品産業
 3章 農畜水産物の生産
 4章 食品企業の役割と食品製造業の展開
 5章 食品流通とマーケティング
 6章 外食・中食産業の展開
 7章 貿易自由化の進展と食料・食品の輸出入

3編 国民食料の安定確保
 8章 世界の食料問題
 9章 日本の食料政策
 10章 食品の安全政策と消費者対応

epilogue 日本の食料問題を考える
prologue 食料経済で何を学ぶか
       ─食卓からさかのぼってそのフードシステムのしくみをたずねる─
 1 “豊かな食卓”から思い浮かべるもの
 2 “ご飯”,“米”,“稲”
 3 ひろがる“食”と“農”の距離
 4 フードシステムとその基本数値

1編 “豊かな食卓”を解析すれば
1章 食生活の変遷と特徴
 1 わが国の食生活小史
 2 第二次世界大戦後の食生活の変化
 3 食生活変化の背景および現代食生活の特徴と問題点
 4 食の外部化と簡便化
 5 “食”の国際比較─日本食文化の特徴─

2章 成熟期にきた食の需給
 1 食料の需給システム
 2 食料の供給市場構造
 3 成熟期にきたわが国の食料需要
 4 日本人の食品購買行動の特徴

2編 農場から食卓を結ぶ食料・食品産業
3章 農畜水産物の生産
 1 フードシステムの“川上”:農業
 2 農業生産をめぐる環境の変化
 3 SDGsと漁業

4章 食品企業の役割と食品製造業の展開
 1 食品企業の目的
 2 フードシステムにおける食品製造業の位置
 3 食品製造業の国民経済の中での役割
 4 食品製造業の構造的特徴
 5 食品製造業の原料調達とフードバリューチェーン構築

5章 食品流通とマーケティング
 1 卸売市場流通を中心とした生鮮食品の流通経路
 2 加工食品の流通経路
 3 食品流通業における構造変化の諸形態
 4 商品のライフサイクルと食品小売業のマーケティング

6章 外食・中食産業の展開
 1 飲食業と外食産業・中食産業
 2 外食産業の経営戦略の特徴
 3 中食産業の多様性
 4 外食・中食産業の食材調達─農産物の需要者としての食品産業─

7章 貿易自由化の進展と食料・食品の輸出入
 1 グローバル化と食料貿易の転換点
 2 高度化・多様化する食料・食品輸入
 3 世界規模での食料の需要増大と食料貿易の将来

3編 国民食料の安定確保
8章 世界の食料問題
 1 “過剰”と“不足”の併存
 2 地球規模の食料需要の増大
 3 成長の限界が懸念される食料供給
 4 世界食料の需給バランスと新たな要因
 5 世界の食料需給の展望

9章 日本の食料政策
 1 食料政策の課題
 2 「主食」政策─おもに米政策を対象として─
 3 食料をめぐる貿易政策
 4 食料産業政策
 5 食料自給の確保─食料安全保障の確立に向けて─

10章 食品の安全政策と消費者対応
 1 食料に求められる基本的な性格─安定供給と安全性─
 2 なぜ食の安全・安心が保たれないか
 3 安全性確保のための政策対応
 4 環境問題から食料問題へ
 5 安全な食料共有と安心な食生活のためのフードシステムの構築

epilogue 日本の食料問題を考える─真の豊かさを求めて─
 1 他国に例をみない食料自給率の低さ
 2 基本は“風土に見合った食生活”
 3 真の豊かさを求めて,21世紀の食生活を展望する

参考文献/索引