これだけマスター 予防技術検定試験(改訂2版)

予防技術検定試験で出題される要点をコンパクトにまとめた試験対策書! 待望の改訂版登場!

このような方におすすめ

予防技術検定試験の受験者の皆さん
  • 著者オーム社 編
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • A5 356頁 2022/07発行
  • ISBN978-4-274-22895-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、「予防技術検定試験」で頻繁に出題される問題にポイントをしぼり、図表を駆使して解説した受験対策書です。

 改訂2版では、最新の法規改正に対応するとともに、「防火査察」「消防用設備等」「危険物」の全区分をカバーしつつも全体をコンパクトにまとめています。

 『テキスト+問題演習』の構成で、試験に出題されやすく、最低これだけはおさえておきたい重要事項が効率よく身につくため、多忙な受験者の皆さんが、短時間で効率的に学習するためのテキストとして最適です。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274228957/
予防技術検定およびその試験の概要
本書における法令に係る略称一覧

1章 共通科目
 1・1 燃焼及び消火の理論に関する基礎知識
 1・2 消防関係法令及び建築基準法令に関する基礎知識
 1・3 消防同意,消防用設備等又は特殊消防用設備等に関する基礎知識
 1・4 査察並びに違反処理,及び防炎規制に関する基礎知識
 1・5 防火管理及び防火対象物の点検報告制度に関する基礎知識
 1・6 火災調査に関する基礎知識
 1・7 危険物の性質に関する基礎知識(危険物の類別と品名)
 1・8 その他予防業務に必要な基礎知識
 章末問題

2章 防火査察(専攻科目)
 2・1 関係法令の制度と概要
 2・2 立入検査関係及び違反処理関係
 2・3 防火管理及び防火対象物の点検報告制度関係
 2・4 防炎規制関係,及び火を使用する設備器具等に対する制限関係等
 章末問題

3章 消防用設備等(専攻科目)
 3・1 消防用設備等の技術上の基準関係
 3・2 消防設備士制度
 3・3 その他消防同意,消防用設備等に関する専門知識
 章末問題

4章 危険物(専攻科目)
 4・1 危険物関係法令の制度と概要
 4・2 許可審査関係(位置,構造及び設備の基準を含む)
 4・3 貯蔵及び取扱いの基準関係
 4・4 移送及び運搬の基準関係
 4・5 圧縮アセチレンガス等,指定可燃物及び少量危険物関係
 4・6 危険物施設に関する保安規制関係
 4・7 危険物の性質及び火災の予防並びに消火の方法
 4・8 危険物取扱者関係
 4・9 その他危険物に関する専門的知識
 章末問題
予防技術検定およびその試験の概要
本書における法令に係る略称一覧

1章 共通科目
 1・1 燃焼及び消火の理論に関する基礎知識
 1・2 消防関係法令及び建築基準法令に関する基礎知識
 1・3 消防同意,消防用設備等又は特殊消防用設備等に関する基礎知識
 1・4 査察並びに違反処理,及び防炎規制に関する基礎知識
 1・5 防火管理及び防火対象物の点検報告制度に関する基礎知識
 1・6 火災調査に関する基礎知識
 1・7 危険物の性質に関する基礎知識(危険物の類別と品名)
 1・8 その他予防業務に必要な基礎知識
 章末問題

2章 防火査察(専攻科目)
 2・1 関係法令の制度と概要
 2・2 立入検査関係及び違反処理関係
 2・3 防火管理及び防火対象物の点検報告制度関係
 2・4 防炎規制関係,及び火を使用する設備器具等に対する制限関係等
 章末問題

3章 消防用設備等(専攻科目)
 3・1 消防用設備等の技術上の基準関係
 3・2 消防設備士制度
 3・3 その他消防同意,消防用設備等に関する専門知識
 章末問題

4章 危険物(専攻科目)
 4・1 危険物関係法令の制度と概要
 4・2 許可審査関係(位置,構造及び設備の基準を含む)
 4・3 貯蔵及び取扱いの基準関係
 4・4 移送及び運搬の基準関係
 4・5 圧縮アセチレンガス等,指定可燃物及び少量危険物関係
 4・6 危険物施設に関する保安規制関係
 4・7 危険物の性質及び火災の予防並びに消火の方法
 4・8 危険物取扱者関係
 4・9 その他危険物に関する専門的知識
 章末問題