データサイエンスから読み解く野球の戦略論

OERAモデルでプロ野球の歴史から勝利の戦略を紐解く

このような方におすすめ

・データサイエンス関連学部 学生
・OR、経営科学などの研究者
・OERA(Offensive Earned-Run Average)の仕組みをしりたい人
・プロ野球に興味がある人
  • 著者木下 栄蔵・田地 宏一 共著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 192頁 2024/08発行
  • ISBN978-4-274-23223-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量
発売日 : 2024年08月06日
◆予約受付中 発売後に発送します 
発売日 : 2024年08月06日◆予約受付中 発売後に発送します

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。
※取寄が可能な場合もございますのでお問合せください。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 OERA(Offensive Earned-Run Average)とはメジャーリーグベースボールで公平かつ正確に打者の評価を行うためにCoverとKeilersが提案した打者貢献度指数です。OERAは1つの吸収状態をもつマルコフ連鎖を基にして, 打者の貢献度を数値化するシンプルなモデルです。打者貢献度を指数で測ることによりある打者が1試合すべての打席に入り続けたとき、何点くらい得点できるなど調べることができます。

 本書は過去のプロ野球の歴史を振り返り、単に記録だけでなく実際にOERAで出した指標と比較してみます。その結果が指標通りであれば今後のペナントレースの優勝チームを予測することが出来ます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274232237/
はじめに
第1章 歴史から見たプロ野球
第2章 OERAモデルとは
第3章 攻撃
第4章 防御
第5章 データサイエンス野球
第6章 三原修・江夏豊・落合博満
第7章 戦略的意思決定を構成する7つのステップ
1 戦略の決定
2 情報の収集
3 視点の検証
4 原因とは何か
5 戦術の選定
6 職術の実行
7 成功か失敗の判断
はじめに
第1章 歴史から見たプロ野球
1.1 第1期:大エースの時代
1.2 第2期:川上巨人
1.3 第3期:1980年代
1.4 第4期:ID(データ)野球の始まり
1.5 第5期:データ野球黄金期
第2章 OERA モデルとは
2.1 はじめに
2.2 OERA モデルの考え方
2.3 OERA 値の計算法
第3章 攻撃
3.1 打者の評価法
3.2 OERA モデルの計算例
3.3 現役の打者
3.4 盗塁
第4章 防御
4.1 投手の評価
4.2 DERA モデルの計算例
4.3 レーダーチャートによる評価
4.4 現役の投手
第5章 戦略野球―データサイエンス野球
5.1 数理野球の概説
5.2 野球における戦略
5.3 チームのシステム化
第6章 三原 修・江夏 豊・落合博満
6.1 三原マジック
6.2 江夏の21球
6.3 落合博光の神主打法等
6.4 著者が選ぶプロ野球ベストナイン
第7章 戦略的意思決定を構成する7 つのステップ
7.1 はじめに
7.2 戦略の決定
7.3 情報の収集
7.4 視点の検証
7.5 原因とは何か
7.6 戦術の選定
7.7 戦術の実行
7.8 成功か失敗の判断
7.9 2023 年の阪神タイガース日本一の例
おわりに(阪神日本一の秘密)
格言
参考文献
索引
野球に興味を持ってから分析を考えるようになった話